結婚式の招待状のマナーについて

親しい友人や親族、或いは職場の同僚や上司部下など、様々な関係の中で招待されることがあるイベントの一つが結婚式です。そして、そんな式に招待される際に、必ず送付されてる物が招待状と言えます。実際に招待状を受け取った事がある方も多くいらっしゃると思います。この一通の便りには、一見するとただの連絡事項のように感じる事も有りますが、送付側、そして返答側双方に、様々な想いだけではなく、底に至るマナーなども籠められていると言えるのです。実際に親しい方を自らの式に招待しようとされている方が送付する場合のマナーも多く存在しています。

例えば、その書状の形式などもマナーの一つと言えます。文章の内容はもちろんのこと、親しい方を表現する場合の敬称の名付け方、或いは、式の日取りや日時を明記する際の文言など、様々な部分で、伝統あるマナーが存在しており、なかなかその全てを自らの手で網羅しつつ作成することは困難と言えます。ですから、現在は、結婚式を実際に挙げる会場や施設などで、こういった送付する招待状の作成、並びに送付の代行サービスを行っている場合が殆どと言えます。ですから、送付側も、最低限のマナーとして、招待したい方だけではなく、礼儀上などで招待するべき方をしっかりと把握しておくことが大切なのです。一方で、それらの招待状を受け取り、自らの意志を認めて返信する側にも一定のマナーが存在しています。例えばよく挙げられる例としては、大抵の招待状に書かれている文言の中にご参加、ご欠席と書かれている事が多くありますが、これはあくまでも送信者側が、受け取る側に対しての謙譲の意味で使用している言葉ですので、これをそのまま利用して送付することはマナー違反とされています。ですから、その際には、どちらを選ぶにせよ、謙譲語である御の部分にばつ印をした上で丸で囲む事がマナーなのです。

更には、結婚式への招待状を返信する際に利用する筆記用具はどういった物がいいのか、という疑問も多く見る事が出来ます。我が国古来の書式から言えば、毛筆による書式が有効なのですが、これに関しては、あまり肩肘を張る必要もなく、日頃から書き慣れている道具や用具を使って書くことが良いとされています。そして、結婚式の招待状を受け取った際の一番のマナーがあります。それは、受け取った段階で、出来るだけ早く返信すると言う事です。出席、或いは欠席の如何によって、式を開く側の準備の問題がありますので、出来るだけ早期に知らせる事が、相手方に対しての最大の礼儀表現なのです。